持ち込み制限品のルールについて

持ち込み制限品のルールについて

機内への持ち込みが制限されているものはきまっており、

 

刃物、人に危害を加えられると想像されるもの、スプレー缶の持ち込みが禁止で
違反すると50万円の罰金があります。

 

また手荷物の重さは10キロまででそれを超える分には超過料金が発生します。

 

そして携帯などの電子機器は電源を切らないと持ち込めません。

 

海外旅行先で購入した商品を持ち帰る際も

 

検査があり、検査を通過して始めて持ち帰れます。

 

液体ものに関しては透明な袋に入れて係員に必ず見せなければなりません。

 

免税品であれば税金もかからずに持ち帰れるので
海外でものを購入するときは免税品にこだわると助かります。