海外旅行先に合わせた服装を選択しよう

海外旅行先に合わせた服装を選択しよう

海外旅行先には独特のマナーもありますし、レストランでも服装にチェックが入るところもあります。
気候も日本と違いますから現地のイメージだけで服を準備すると痛い目に合います。

 

例えばヨーロッパの場合は昼と夜の温度差が激しく、
店舗内も冷房が効きすぎている場合が多いので

 

夏でも上にはおれるものを準備すべきです。

 

逆にオーストラリアなど日本と気候が真逆の国へ行くときは
出発時の服装と逆の服装を準備しておかなければいけません。

 

 

レストランや宗教施設においては
ノースリーブ、サンダルは不可など

 

その国の文化に合わせたマナーがあり、
守れないなら入店は不可という店、施設があります。

 

事前に行先の国の気候条件を調べておき、
それに合わせた服装を準備しておくべきです。

 

基本的に人に不快感を与えない上品な服装で、
プラス上にはおれるものがあればたいていは大丈夫です。