アフリカ諸国への海外旅行で気を付けること

アフリカ諸国への海外旅行で気を付けること

アフリカのような発展途上国への海外旅行をする際は

 

事前にイエローカードの申請が必要です。

 

アフリカ国内ではやっている感染症を予防するための
予防接種を必ず受けてから行くことになります。

 

ですがそれでも防げない、アフリカで蔓延している恐ろしい疫病が
エイズです。

 

アフリカ人のエイズ罹患率はとても高く、
若い人でもエイズを発症し、若いうちに死亡するケースも多く、

 

アフリカの貧困層の人々の寿命は短いです。

 

エイズだけでなくその他感染症の離間リスクも高い国で
栄養状態も悪いので無理もないでしょう。

 

それに設備も日本に比べて十分とはいえない面も多く、
あえてアフリカへ海外旅行をする日本人は

 

衛生面でとても気を使わなければいけません。

 

当たり前ですが、アフリカで日本と同じ感覚で成人向けのお店に行くなんて
死にに行くようなものですので止めておきましょうね。

 

衛生観念とモラルを徹底して持つように気を付け、

 

身の回りの貴重品の管理をしっかりとしましょう。

 

それが最低限のアフリカ旅行における安全を守る手段です。

 

アフリカ海外旅行においても、一人旅よりも安全なのは
当サイト掲載の安全旅行会社のツアーに参加することです。